伊東温泉に赤ちゃん・子連れで楽しく宿泊!

子ども連れ・赤ちゃん連れの宿の選び方

温泉旅館やホテルはたくさんありますが、子連れ旅行や赤ちゃん連れ家族旅行には、どんな宿を選べばいいのでしょうか?

 

まず、温泉の湯があまりきつくない温泉地に行くのが大前提です。にごり湯やアルカリ性の強い温泉は、赤ちゃんや幼児の肌には刺激が強すぎます。伊東温泉なら、弱アルカリ性の万人向けの湯なので、心配はいりません。

 

そして宿選びで気にしたいのは、お風呂と食事。赤ちゃんや小さい子供がいたら、大浴場では周りの迷惑が心配になり、落ち着いてお風呂に入っていられません。家族風呂(貸切風呂)があるか、またはお風呂付きの部屋に宿泊するのが理想的です。(できれば露天風呂付き部屋に宿泊できると、本当に安心して楽しく過ごせます)

 

また食事も、他のお客さんと同じ場所だと、赤ちゃんや幼児がぐずったときに困るので、部屋食あるいは個室になっている食事処での食事だと安心です。やや大きい子だと、バイキング料理も楽しくていろいろ食べられるので、ありがたかったりしますね。

 

またやや大きい子だったら、他の人がいるところでは静かにしないといけないという「しつけ」ができるのも旅行ならではのこと。逆に、そういう機会にするのもいいのではないでしょうか。

 

伊東温泉で、子ども連れの家族が多い宿といったら、定番は、「ハトヤホテル」「かめや楽寛」「ホテル聚楽」「ホテルニュー岡部」など子ども連れが多いから、少々騒いでも気にならないし、宿も対応になれています。「かめや楽寛」はオレンジビーチの目の前で、特に夏は子ども連れでいっぱい。

 

それ以外の宿でも、子ども向きプランや、体験コースのある旅館やホテルが増えています。どんな子供グッズや赤ちゃんグッズが用意されているかで、その宿の姿勢もわかります。ぜひ良心的な宿を選んで、楽しい温泉旅行にしてください。