伊東温泉に赤ちゃん・子連れで楽しく宿泊!

伊東温泉について

伊東温泉は、別府温泉、熱海温泉とともに、日本三大温泉郷のひとつです。そして伊東温泉は、25度〜68度の湯が毎分約32,000リットルも湧き出している、豊富な湯量の静岡にある温泉郷です。泉質は、「単純泉」「弱食塩泉」などが多くなっています。

 

 

単純泉の湯は、肌にも優しいさらりとした湯。肌やカラダに強い刺激が無く、高齢の方や乳幼児でも安心して入浴できます。湯の効能・効果は、リュウマチ、脳卒中の回復期、骨折や外傷、病後の回復期など。

 

 

弱食塩泉の湯は、食塩が温泉水1kgあたり1g以上5g未満の温泉です。温泉の成分がやさしく肌を包んでカラダがよく温まり、湯から出ても保温効果が続きます。そして、保温効果により血行も促進されます。この弱食塩泉の湯は、別名「熱の湯」とも言われます。単純泉同様に強い刺激は全くなく、高齢者・乳幼児でも安心して楽しめます。効能・効果は、慢性関節リュウマチや手足の冷え、打撲傷や捻挫、そして外傷、火傷など。

 

 

伊東温泉の湯は、このように無色無臭な湯なので万人に楽しめる名湯ととして、古くから有名でした。伊東の豊かで温暖な自然とともに、文人墨客など多くの方々にずっと愛されています。

 

 

この湯を愉しむのには、伊東市内の温泉旅館や温泉ホテルだけでなく、共同浴場に行く方法もあります。共同浴場は、昔から地元の人にも愛されてきた所だけでなく、ユニークな伊東七福神にちなんだ新しい共同浴場も8ヶ所あります。日本ならではの温泉情緒と、新しい感覚の共同浴場で楽しい温泉旅行ができるでしょう。